「潜入!スパイカメラ~ペンギン 極限の親子愛」第一話 感想

エンペラーペンギン
エンペラーペンギン

プライム・ビデオに存在する数少ないペンギンオンリーのドキュメンタリー。三話構成になります。

概要

再生時間は一話につき52分です。話の構成はエンペラーペンギン、ロックホッパーペンギン、フンボルトペンギンの三種の生活を切り替えながら映していくもので楽しんで観られました。

タイトルの通りペンギン達をこっそり撮影する”スパイカメラ”なるものが作中に出てくるのですが、このカメラは数種類ありペンギンや卵、岩を模していてやけに凝っています。なんと水中を跳ねて泳ぐイワトビペンギン型のカメラも登場します。

そして卵型カメラはペンギン型カメラから産み落とされるという素晴らしい技術とこだわり。エンペラーペンギン型カメラに至ってはぱっと見、本物と同化して見分けがつきません。

第一話

第一話は三種それぞれが繁殖地に上陸してパートナーを作り、繁殖をするまでが映されています。エンペラーペンギンのドキュメンタリーは他にもありますが、ロックホッパーのドキュメンタリーは珍しいですね。

荒波に揉まれながら海岸に上陸する姿や、何度も転げ落ちながら岩を飛び登っていく姿は目を見張ります。落ちて怪我をしないのか観ていて心配になるぐらい険しい岩山です。

フンボルトペンギン

フンボルトペンギンは海岸に居る大量のオタリアを躱しながらコロニーを目指す姿にドキドキさせられます。グアノに巣穴を作っていて、卵は穴の奥にある為、比較的安全なようです。

予告によると第二話は三種の子育てから始まるようです。第三話までこの三種の生態を切り替えながら追う構成なのかと思います。面白いのでぜひ一話を観ていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。