『ペンギンの不思議: 鳴き声に秘められた様々な役割』は良書

ペンギンの不思議

Kindle版が安くなっていたので読ませていただきました。

ペンギンの調査・研究に携わってきた”宮﨑正峰さん”執筆の本なのですが、非常に良い本です。宮崎さんの人柄の良さが文章から感じ取れました。

表題に”鳴き声に秘められた様々な役割”とあるので鳴き声が内容の中心かと思っていましたが、個人的にはそこまで鳴き声に深堀りしているとは感じませんでした。

序盤はどの本にもよくある、種紹介やペンギンは鳥なのかといった内容になりますが、この本の良さは宮崎さんのペンギン調査の実体験が各所に散りばめられているところにあると思います。

ペンギンを調査する上で、何が大変だったかなど具体的に記述されていて、恐らく当時メインに調査していたであろうリトルペンギンが対象になります。

学生へのメッセージ

学生に向けられたメッセージも多く、これから生物調査の仕事に携わりたいと考えている方には宮崎さんがどのようにペンギン調査の道を選んだかなど参考になり、心に刻まれる内容になっているかと思います。

文章量は少なめで、さらっと読める内容なのでオススメの一冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。